高齢社会.com
高齢社会.com > 健康 > 母は年老いても花粉症には困ったもの

母は年老いても花粉症には困ったもの

 

杉林

 

 

母にとって春は花粉症の悩みの季節

 

母は年老いた今でも

花粉症に毎年悩まされています。

 

スギ花粉が飛ぶ春の季節になると

鼻がムズムズしてきて

鼻水が止まりません。

 

くしゃみも止まらなくなり、

ハクションハクション続けています。

 

鼻だけでなく目もかゆくなって

涙も止まらなくなります。

 

こうした花粉症のひどい症状から身を守るため、

マスクが欠かせません。

 

鼻に侵入してくる花粉を少しでも

減らすために付けています。

 

花粉が飛びやすい時間帯に

外出が必要な場合はもちろんのこと、

家の中でもマスクを付けています。

 

洗濯した洗い物を外干しするときなど、

ベランダから飛んでくる花粉に

反応することはあります。

 

家の中で舞う花粉にも反応するほど

母の花粉症は敏感だからです。

 

スギ花粉

 

薬に頼らずに花粉症の対策をする方法を探して

 

花粉症に悩まされているのは、

母だけでなく私もです。

 

家の中でマスクを付けるほどではないですが、

くしゃみや涙が止まらないことがあります。

 

これまで花粉症がひどいときは、

母も私も耳鼻科で診察を受けて、

薬の処方せんを受けてきました。

 

最近になって薬に頼ることなく、

花粉症の対策ができないものか、

考えてきました。

 

いろいろと調べてみた結果、

油が花粉症に影響していることが

わかりました。

 

 

花粉症対策のカギは油にあり

 

油には主にオメガ3やオメガ6、

オメガ9などがあります。

 

オメガ3は主にエゴマ油や亜麻仁油などで、

オメガ6は主にサラダ油やコーン油、ベニバナ油など、

オメガ9は主にオリーブ油やアボガド油などです。

 

オメガ3はアレルギーや炎症、血栓を抑制させ、

オメガ6は逆にアレルギーや炎症、血栓を促進させる

効果があります。

 

オメガ9は善玉コレステロールを維持しつつ、

悪玉コレステロールを減少させる効果があります。

 

現代では食事の欧米化の影響として、

オメガ6系の油の取り過ぎが問題視されています。

 

オメガ6系の油は菓子類や、

ファストフードなどの外食でも、

よく使われているからです。

 

そこでオメガ6系の油を取るのを避けて、

オメガ3系やオメガ9系の油を取るよう、

母にアドバイスしました。

 

「そんなことを気にしすぎたら、

食べるものがなくなるのではないか。」

と母は心配しました。

 

これに対して私は、

 

「食べないというわけではない。

オメガ6のある食事を減らせばいい。

その分オメガ3のある食事を増やせばいい。」

 

と母が納得できるよう答えました。

 

食堂

 

オメガ3の油始めました

 

これまで取ってきた油を見直して、

花粉症に関わる食事の見直しを行い、

花粉症の予防を行うことにしました。

 

まず取りたいのはエゴマ油や亜麻仁油などの

オメガ3の油です。

 

オメガ3の油は熱に弱いので、

加熱用には使えません。

 

そこで生のままドレッシングにかけたり、

オメガ6の油を使った食べ物を取りすぎたときに

いっしょに取ることにします。

 

加熱用にこれまでのオメガ6の油に代わって、

オリーブ油などのオメガ9の油を

料理に使うことにします。

 

花粉症の予防の第一歩として、

オメガ3とオメガ9の油を

手に入れることにしました。

 

どのように料理して食事をしようか、

今までの油とは味がどう違うのか、

今からわくわく期待しているところです。

 

 


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e6%af%8d%e3%81%af%e5%b9%b4%e8%80%81%e3%81%84%e3%81%a6%e3%82%82%e8%8a%b1%e7%b2%89%e7%97%87%e3%81%ab%e3%81%af%e5%9b%b0%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%82%e3%81%ae/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です