高齢社会.com
高齢社会.com > 介護 > 熱中症にならないために

熱中症にならないために

ここのところ、外に出ると灼熱地獄のような日々が
続いています。

 
 

テレビでも連日、「熱中症には気を付けましょう」と
呼びかけていますね。

 
 

わたしが子供の頃は、クーラーのある家はまだ少なく、
扇風機だけでもさほど暑いとは思わなかったのに、
クーラーが普及してからは、室外機からの熱風があるから
地球の温暖化と相まって、よけいに暑くなっているような
気がします(><)     太陽はギラギラ、道路からの照り返しも強烈で できるだけ外出は控えています。     でも、高齢の両親を抱えていると、 通院を避けて通ることはできず、     病院にだけは行かなければいけません(><)     我が家には車がないので、ドアツードアで 連れて行ってあげることができないため、     そのときに気を付けているのは、     なるべく日なたは歩かないようにして タクシーを使うこと。     常に水を持っていて、喉が渇いていなくても 少しずつ飲むようにすること。     ちょっと塩気が入った飴をなめること。 (でも、なめすぎには注意です(^-^;     濡らしたタオルと扇子をもち、 首などを冷やしつつ、あおいで、 気化熱で冷やすこと。     少し動いたら、お茶を飲むなどして 途中で休みを入れること。     年寄りに合わせて動いているお陰で、 わたし自身も熱中症にならずに済んでいるから ありがたいです~(^_-)-☆     ただし、暑いからといって、 冷たいものばかり食べるのはNGです。     つい、冷たいものが欲しくなりますが そればかりだと、胃腸が弱ってしまって 全身状態にも影響してくるので、 ぬるい白湯やお茶などを飲むように気を付けています。     食欲が落ちてしまって、食べたくないときには のど越しがいいものとか、冷たすぎないけど ツルンと喉を通るものなどを出してあげるといいですね。     我が家では、野菜をのせたおそうめんのランチや 冷やし中華、アイスクリーム、ゼリー、プリン、 ところてんのおやつなどが喜ばれています(^_-)-☆     できるだけ工夫をして、夏バテにも熱中症にもならず 元気で過ごせるように頑張っています。    


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です