高齢社会.com
高齢社会.com > 健康 > 病院は高齢者がいっぱい

病院は高齢者がいっぱい

dai_byouin2

 

病院は高齢者の場所?

 

病院へ行くと高齢者が多い。

これは病院ではよくある光景といってもいいでしょう。

 

とある整形外科の病院へ診察を受けにいったときのことでした。

呼び出しがかかるまで、待合室でしばらく待っていました。

 

辺りを見てみると、高齢者の人達が多くいました。

母と同じように腰痛に悩まされているのでしょうか。

それとも骨折などの他の病気のために。

 

高齢者の人達が集まっては世間話をしていたのが、よく見かけました。

高齢者同士で病院へ集まっておしゃべりするのが、楽しみかもしれません。

 

同じような光景が他の病院であったのを思い出しました。

それは、内科の病院でした。

とある内科の病院で診察を待っている間、高齢者があつまって楽しそうにおしゃべりをしていました。

 

このようなことから、ふと考えました。

病院を高齢者の社交の場とするのもいいかもしれないと。

そのような脳細胞への刺激が認知症の予防に期待できるかもしれないからです。

 

 

年老いた母の病気を見ると

 

高齢になると、病気にかかりやすくなります。

これは年老いた母が腰痛や血圧などに悩まされている母を見ていると、なおさら考えさせられます。

 

特に糖尿病は脳梗塞や認知症をもたらす恐れがあります。

こうした病気を避けるためにも、母の認知症への対策を行うようになりました。

 

現在では認知症への特効薬はないので、認知症で壊された神経細胞を治療することはできません。

その代わり、認知症の進行を抑えて遅らせる予防はできます。

 

 

認知症や生活習慣病を予防するために

 

こうしたことから、母の認知症を予防するために色々と行うこととしました。

 

一つは毎日の食事の見直しです。

毎日の食事で認知症の予防が期待できるオメガ3を積極的に取ることにしました。

 

オメガ3が認知症の予防が期待できる理由は、オメガ3が脳細胞を活性化させてくれることが期待できるからです。

他にもオメガ3は血液をサラサラにしてくれることが期待できるから、動脈硬化やそれにつながる脳梗塞の予防にも期待できます。

 

さらにオメガ3は糖尿病を初めとする生活習慣病や花粉症などのアレルギーの予防にも期待できます。

 

このようにオメガ3のあらゆる病気への予防が期待できることから、母にオメガ3の食事をもっととって栄養補給をするように勧めています。

もちろん、私自身も予防への期待を込めてオメガ3をとって栄養補給をしています。

 

このようなオメガ3が含まれている食品は、主にマグロなどの青魚やくるみなどです。

 

食事では油も見直すことにしました。

オメガ3が含まれる油はえごま油や亜麻仁油などです。

 

えごま油や亜麻仁油は毎日、特に効果が期待できる毎朝にタンパク質との相乗効果を期待してタンパク質の食品にスプーン一杯ほどかけて食べています。

 

なお、オメガ3は熱に弱くて酸化しやすいので、加熱して料理することはできません。

加熱して使えるのはオリーブオイルなどのオメガ9の油や、ココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸などです。

 

わが家では主にアルツハイマーを初めとする認知症や糖尿病を初めとする生活習慣病などの予防に期待ができるココナッツオイルを加熱用に使うことにしています。

 

しっかりと栄養補給をしたうえで、認知症や生活習慣病などを予防していきたいです。

 

 

 

 


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e7%97%85%e9%99%a2%e3%81%af%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%a3%e3%81%b1%e3%81%84/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です