高齢社会.com
高齢社会.com > その他 > 終戦記念日

終戦記念日

8月15日といえば、終戦記念日。

 

 

お年寄りのいる家では、
戦没者を追悼したり、
戦時中のことを思い出したり
いろいろなことがあるのではないでしょうか。

 

 

我が家では、父は大学生だったので
学徒動員で軍隊にとられて、海軍にいっていました。

 
 

といっても、海軍に入ってすぐに海軍経理学校に入り
その後は築地の本部にずっといたので、海軍なのに
軍艦には乗ったことがないそうです(汗)

 
 

でも、敗戦中尉という肩書で、
敗戦を迎えたそうです。

 

 

母はまだ小さかったけれど、家族と一緒に
満州から引き揚げてきて
いろいろ大変な思いをしています。

 

 

わたしが小さいころは、祖母も一緒に暮らしていたので
これまでも、戦争の話はよく聞きました。

 

 

普段は忘れていても、終戦記念日になると
いろいろなことを思い出すのでしょう。

 
 

今年も、父は昔のいろいろな話をしてくれました。

 

 

実際に体験した人の話なので、
今になっては、貴重でもあるし

 

 

戦争のことを全く知らない
戦後生まれのわたしとしては
興味深く話を聞いています。

 

 

ご老人に限らず、自分の話を聞いてくれる
人がいるというのは、嬉しいものですよね。

 

 

だから、戦争の話に限らず、話をはじめたら
何でもいいから、聞いてあげるのが
親孝行になるのでは、なんて思っています(*^^*)

 

 

幸い、うちの親戚では、
父の家族も戦争で死んだ人はいないし、

 

 

母はお兄さんが3人も戦地に行ったのに
運よく皆、無事で戻ってきて、満州から
引き揚げてきた家族も亡くなった人はいません。

 

 

考えてみると、奇跡的なくらい幸運ですね。

 

 

だから、いま、両親もわたしも元気で生きていることや
日本が平和であることに、心から感謝しています。

 

 

世界では、紛争が起こっている所もあるし
テロもあり、核兵器を所有している国もあります。

 

 

ジョン・レノンが「イマジン」で歌ったように
平和な世界が一日も早く来るといいですね。

 

 

これからますます、戦争を経験した人は
少なくなっていきますが、

 

 

あの悲惨な戦争を忘れることなく、
ずっと平和が続くことを祈っています。

 

 


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e7%b5%82%e6%88%a6%e8%a8%98%e5%bf%b5%e6%97%a5/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です