高齢社会.com
高齢社会.com > 健康 > 膀胱炎(ぼうこうえん)で大騒ぎだった高齢の母

膀胱炎(ぼうこうえん)で大騒ぎだった高齢の母

toilet_hinnyouせい

 

尿に血が!?

 

高齢の母が膀胱炎(ぼうこうえん)で大騒ぎでした。

 

お手洗いへ用を足したとき、尿に赤い血が含まれていることがわかりました。

驚いた母は急きょ地元の病院へ診察に行くことにしました。

 

病院ではCT検査などの検査を何回か受けて、ぼうこうに石のようなものが見つかったことから膀胱炎ではないかと診断されました。

ただし、細かいことについては精密検査を受ける必要があるということで、紹介状が出されて大きな病院へ改めて診察を受けることになりました。

 

母は検査が多くてかなり待たされたので、かなり疲れていました。

それでも、がんではなく膀胱炎ではないかということがわかったので、一応一安心していました。

 

一般に膀胱炎は女性がかかりやすいと言われています。

高齢になると免疫力が低下して膀胱炎の原因となる大腸菌が活発になることから、70代過ぎた女性に増えています。

 

膀胱炎は、お手洗いに行くのを無理に我慢したり、体を冷やしたりすることなどで、起こりやすくなります。

膀胱炎になると、結石などで傷つけられたぼうこうから血が出るようになります。

 

精密検査の結果は?

 

母は過去にも膀胱炎になったことがあるので、思い当たる節があるとのことです。

ただ詳しいことを知るために大きな病院で精密検査を受けて、さらに診察をする必要があるということで、紹介状を持って大きな病院へ行くことにしました。

 

母が大きな病院へ来たのは午前中でしたが、初診のためかお昼過ぎまで待たされました。

大きな病院で精密検査を受けた結果、母のぼうこうに小さな尿石ができていて、尿石がぼうこうの血管を傷つけて血尿となるということがわかりました。

診断をした医師の話によると、膀胱炎は年老いれば誰にでも起こりうる病気であり、実際に膀胱炎で診察に来る高齢者も多いとのことでした。

 

母はもし膀胱ガンなどで検査入院することになったらどうしようかと心配していましたが、膀胱炎だと知って安心することができました。

それでも再び膀胱炎になる恐れもあるので、油断はできません。

 

膀胱炎はどう予防する?

 

膀胱炎への対策としては、普段から膀胱炎を予防するように心がける必要があります。

こまめに水分をとって利尿作用を高め、まめに用を済ませておきます。

他にもジャスミン茶などの利尿作用を高める飲み物を飲むのもいいでしょう。

 

とはいえ夕方過ぎに水分をとると、夜中に用をすませたくなり、その間に尿がたまっていくので、逆に膀胱炎にかかりやすくなってしまいます。

こうしたことから、夕方過ぎには水分はできるだけとらないほうが無難です。

 

膀胱炎は年老いれば誰にでも起こりえます。

尿に血が混ざっているからと大騒ぎしないで、正しい治療ないし予防で対処しましょう。


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e8%86%80%e8%83%b1%e7%82%8e%ef%bc%88%e3%81%bc%e3%81%86%e3%81%93%e3%81%86%e3%81%88%e3%82%93%ef%bc%89%e3%81%a7%e5%a4%a7%e9%a8%92%e3%81%8e%e3%81%a0%e3%81%a3%e3%81%9f%e9%ab%98%e9%bd%a2%e3%81%ae%e6%af%8d/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です