高齢社会.com
高齢社会.com > ペット > 迷い猫に振り回される高齢の母

迷い猫に振り回される高齢の母

mayoineko0f

 

迷い猫が待っている

 

最近高齢の母は迷い猫に振り回されがちです。

 

朝になって母が家の窓を開けようとすると、外で迷い猫が待ち構えていて真っ先に家の中へ入ってきます。

 

目指すは飼い猫達のキャットフードです。

 

白猫がフー!とうなろうが、グレー猫が上から見ていようが、おかまいなしです。

 

 

元々迷い猫には飼い猫達とは別のキャットフードを与えていましたが、迷い猫が飼い猫達のキャットフードに味をしめてからはこれまでのキャットフードは食べなくなりました。

 

それ以来母はやむをえず迷い猫のキャットフードを飼い猫のと同じにしました。

 

それでも迷い猫は飼い猫達のキャットフードを食べようとします。

 

我が家に来る前の食べ物にありつけなかった毎日の頃の名残かもしれません。

 

母は毎朝迷い猫が家に入ってくるたびになんとかなだめて外へ出して、外でキャットフードを食べさせてあげています。

 

 

迷い猫は家の中がお気に入り?

 

迷い猫が家の中へ入ろうとするのは、朝だけではありません。

 

母が家のドアや窓を開けるたびに、迷い猫が待ち構えて家の中へ入ろうとしています。

 

それほど家の中へ入りたがっているのは、なぜでしょう。

 

 

お目当ては飼い猫達のキャットフードだけではありません。

 

ただ家の中をウロウロ動き回ろうとしているだけのときもあります。

 

迷い猫には専用のハウスがあるのですが、それでも家の中が気に入っているのでしょうか。

 

 

雨が降る時は、雨宿りしたくて家の中へ入ろうとすることもあります。

 

母は仕方がないから一時的に家の中で迷い猫に雨宿りさせてあげることもあります。

 

迷い猫のハウスには雨よけをしているので、雨が治まったら迷い猫にハウスに戻るように外へ出します。

 

 

今のところにおいづけで自分の体を物にスリスリしてはいないようなので、家の中を自分のなわばりにしようとまでは考えてはいないようです。

 

とはいえ飼い猫達がいるから遠慮しているだけで、スキあらばとまでは考えているかどうかはわかりませんが。

 

 

人間は猫に見られている

 

こうしてみると、母がドアや窓を開けるたびに迷い猫が家の中へ入ろうとしていることから、迷い猫が母の毎日の行動をしっかりと見ているということがわかります。

 

 

これは何も迷い猫に限ったことではありません。

 

飼い猫の白猫やグレー猫も母や私の毎日の行動をしっかりと見ています。

 

例えばドアが少し開いていて猫が通れないほどの狭さなら、白猫とグレー猫は手を使ってドアを開けて中へ入ります。

 

 

これは母や私がドアを開ければ中へ入ることができるということを、しっかりと見ていたことになります。

 

 

飼い猫の中には人間がドアのノブを動かしてドアを開けるのを見て、ジャンプしてノブを動かしてドアを開けたりすることもできます。

 

これは人間の行動を猫がしっかり見て、自分も試してみようと行動する猫のかしこさがわかります。

 

 

人間が気が付かなくても、猫はちゃんと人間のことを見ています。

 

人間がドアや窓を開けるのを見て、飼い猫がドアや窓を開けて逃げられたりしないよう、くれぐれもご用心です。

 

 

スポンサードリンク


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e8%bf%b7%e3%81%84%e7%8c%ab%e3%81%ab%e6%8c%af%e3%82%8a%e5%9b%9e%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e9%ab%98%e9%bd%a2%e3%81%ae%e6%af%8d/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です