高齢社会.com
高齢社会.com > 交通 > 高齢になったら自動車の運転は避ける

高齢になったら自動車の運転は避ける

bustaxi

 

高齢になったら運転免許は返納すべき?

 

高齢になったら自動車の運転は避けたほうがいい。

 

これは高齢者の事故が増えたことから、よく指摘されていることです。

 

高齢者の運転免許の自主返納が勧められているのも、高齢者の運転免許の講習が必要であるのもこうしたことが背景があります。

 

 

高齢の母も運転免許の返納を考えたことがあります。

 

母が70代後半になって自動車の運転免許の更新をすることになって、自動車の運転はそろそろ止めたほうがいいのかどうかと考えていました。

 

高齢者の自動車運転免許の更新のための講習も大変で、手続きをする上で色々と面倒なところもあります。

 

とはいうものの、わが家から最寄りのスーパーマーケットまでは離れていて、自動車がないと母が買い物をするには難しくて気軽に歩いていけるようなところではありません。

 

 

結果として母はいつもどおり運転免許の更新の手続きを行うことにしました。

 

とはいえ次回の運転免許の更新では自動車をうまく運転できるか、わからないところがあります。

 

場合によっては運転免許の返納もまた考えることになるかもしれません。

 

 

母に代わって自動車の運転

 

母が自動車を運転する時は、主に朝や日中の時間帯になります。

 

夜になると見えにくくなって運転しづらくなるので、夜はなるべく運転しないようにしています。

 

 

他にも私といっしょに外出する時は、自動車の運転は私がして母は運転しないで同乗しています。

 

年老いた母にとって、自動車を運転することは年々事故などのリスクが増えるようになるので、お勧めは難しいことです。

 

こうしたこともあって、私が母といっしょにドライブするときは、自動車の運転は母でなく私が行うようにしているというわけです。

 

 

求む、高齢者の代わりの運転手

 

最近では高齢者の交通事故が問題となっていますが、高齢者の運転免許の自主返納はあまり進んでいません。

 

なぜなら自動車がないと移動ができないようなところに暮らしている高齢者も多いので、自動車の運転ができないと暮らしていけなくなってしまうからです。

 

とはいえ高齢者がいつまでも自動車の運転ができるのかどうか、といった問題も見過ごせません。

 

 

こうしたことから高齢者が外出する時は家族の人や親しい人などが付き添って、高齢者に代わって自動車を運転するようにしましょう。

 

高齢者が単身で家族の人などがいない場合は、市町村の高齢者福祉バスなどの交通機関を活用したりするのも一つの方法です。

 

 

高齢者の自動車の運転には、リスク伴うのは高齢者本人だけではありません。

 

運転する高齢者の周りにもリスクが回ってくる恐れがあります。

 

こうしたリスクを避けるためにも、家族の人などが高齢者の協力者となって代わりに自動車を運転して、高齢者の移動に不自由しないようにしましょう


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e9%ab%98%e9%bd%a2%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e3%81%ae%e9%81%8b%e8%bb%a2%e3%81%af%e9%81%bf%e3%81%91%e3%82%8b/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です