高齢社会.com
高齢社会.com > ペット > 高齢の母も洗たくは猫の手を借りたい

高齢の母も洗たくは猫の手を借りたい

shiro0d

 

高齢の母に代わって洗たく

 

最近は休みの時になると、高齢の母に代わって洗たく物することが多くなりました。

 

洗たくは主に母が出かけているときにやることが多いのですが、母の負担を減らすため母がいるときも洗たくするようにしています。

 

 

洗たくに使う水はお風呂の残り水を使い、専用の機械でくみ上げるようにしています。

 

この機械は元々母が洗たくで水をくみ上げるために使っているのですが、ある時機械が壊れたので自分でバケツを組み上げたら無理をしすぎたのか腰を痛めてしまったことがありました。

 

そこでわたしはすぐに新しい機械を買い、それ以来母は無理をしないで洗たくに使う水は機械でお風呂の水をくみ上げるようにしています。

 

 

洗たく物を干すときは、母の腰痛や足にかかる負担を減らすために私が干すことが増えています。

 

前もって天気予報で雨が降らないか外の天気を確認してから洗たく物をベランダへ干すようにしています。

 

干した後も外の天気を見て雨が降りそうな空になったら早めに洗たく物を入れるようにして、洗たく物が雨で濡れないようにしまいます。

 

 

白猫が洗たくを手伝わってくれたら

 

さて洗たく物を干すためにベランダを開けていると、白猫がベランダへ出てくることがあります。

 

よほどベランダが気に入っているのかベランダでごろ寝してくつろいでいたり、体をスリスリしてにおいづけをしたりしています。

 

日が照っているときになると、クーラーの室外機の裏に隠れてじっとしていることもあるので、このような暑い中平気なのかと感じることがあります。

 

 

ベランダの他にも白猫はふすまの中がお気に入りです。

 

中が暗くて誰にも邪魔されないので、猫にとって隠れて眠るにはとっておきの場所です。

 

洗たくばさみなどをしまった狭いふすまを開けたままにすると、白猫が中へ入ってくることもあるので、うっかり閉じ込めてしまうことがないように閉める前に確認を忘れないように気をつけています。

 

 

さて、このようなベランダなどがお気に入りの白猫ですが、母にとって少し困ったことがあります。

 

それは母が寝ている間に母の体の上に乗って、足をふみふみしていることです。

 

母が寝ていたら重いと感じ、目を開けたら白猫が上に乗っていて起こされたことは何度もあります。

 

母になついている白猫ですが、母の体に乗るのはご飯が食べたいからなのか、それともただ遊びたいからなのか。

 

いずれにせよ、母にとっては夜中に起こされることになるので迷惑ぎみです。

 

gray0d

 

グレー猫も洗たくを手伝ってほしい

 

そのような白猫ですが、以外と親離れしているので母につきまとうことは少なくて一匹でいることが多いです。

 

グレー猫も母になついているのですが、親離れしていないのかいつも母といっしょにいて、母につきまとうことも多くてお手洗いの中までいっしょに入ることもあります。

 

いつまでも母につきまっといるので迷惑にならないのかと、グレー猫を見ていつになったら親離れするのでしょうか。

 

 

このように高齢の母になついているうちの猫達ですが、洗たくするときは少しは手伝ってくれてもいいのになと、猫達がくつろいでいるのを見るとつい考えたくなります。

 


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e9%ab%98%e9%bd%a2%e3%81%ae%e6%af%8d%e3%82%82%e6%b4%97%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%af%e7%8c%ab%e3%81%ae%e6%89%8b%e3%82%92%e5%80%9f%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です