高齢社会.com
高齢社会.com > ペット > 高齢者がペットの旅立ちを迎えるための準備はできていますか?

高齢者がペットの旅立ちを迎えるための準備はできていますか?

高齢者がペットと暮らすにあたって

絶対に避けて通れない問題、

ペットの「旅立ち」の準備はできていますか?

 

旅立ちとは犬や猫との死別、

言い換えるなら「虹の橋を渡る」ということです。

 

実際に高齢者がペットといっしょに暮らすにあたり、

どちらが先に旅立つのかといった問題が、

必ず出てきます。

 

高齢者よりも先にペットが旅立つことになれば、

これまでいっしょに暮らしてきたペットのため、

丁重に埋葬してあげましょう。

 

IMAG072201

 

「ペットの埋葬は自宅の庭でやればいい。」

あなたはこのように考えていませんか?

 

きちんと埋葬してあげるためにも、

ペット霊園に依頼しましょう。

 

 

ペット霊園では、

ペットの葬式や火葬、納骨、埋葬など

一通り行われます。

 

ペット霊園の詳しいサービス内容については、

直接ペット霊園に問い合わせてみましょう。

 

旅立ったペットはペット霊園へ

送迎を依頼することもできます。

 

逆に直接ペット霊園まで

いっしょに連れて行くこともできます。

 

その場合割引サービスなどを

受けられることもあります。

 

 

うちのパグが旅立った時は、

パグを母といっしょに連れて行きました。

 

そのときは骨壷などのサービスを

受けることができました。

 

パグの葬式と火葬を終えて

遺骨を骨壷に収めて、

お墓の完成後に骨壷を収めました。

 

 

ペットの主な埋葬方法や経費は、

以下のとおりです。

 

◯個別の墓

 

人間の墓と同じように

ペット専用の個別の墓が設けられます。

 

墓には個別のペットの骨壷が埋葬されます。

 

経費は年間の墓地の管理費や墓石代などがかかるので、

多少割高の値段になります。

 

◯納骨堂

 

納骨堂では建物の中に

個々のベットの骨壷が納められます。

 

経費は年間の納骨堂の管理費がかかり、

個別の墓よりは値段は安めになります。

 

◯合同墓地

 

合同墓地ではペットの骨が一同に

まとめて埋葬されます。

 

ペット霊園によっては永代墓地として

取り扱われているところもあります。

 

経費は最初の埋葬費のみとなり、

値段も最も安くなります。

 

 

どのような埋葬方法を選ぶのかについては、

経費や今後のお墓の管理などで判断しましょう。

 

高齢者自身がペットの墓参りできるかどうか、

高齢者自身が亡くなった後、

誰がペットの墓を管理するのるか。

 

考えなければはならないことは、

数多くあります。

 

もし家族などの協力者がいれば、

高齢者自身が旅立った後で、

協力者にお墓の管理をお願いするといいでしょう。

 

michi

 

高齢者がペットを飼うにあたり、

ペットが先に旅立った場合、

ペットの埋葬は避けては通れません。

 

これまでいっしょに暮らしてきたことへ

ペットへの感謝の気持ちを込めて、

丁重に埋葬してあげましょう。

 


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e3%81%8c%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%ae%e6%97%85%e7%ab%8b%e3%81%a1%e3%82%92%e8%bf%8e%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です