高齢社会.com
高齢社会.com > ペット > 高齢者が犬といっしょに暮らすあたり犬の性格に気を付けていますか?

高齢者が犬といっしょに暮らすあたり犬の性格に気を付けていますか?

高齢者が犬といっしょに暮らすにあたって、

犬種ないし各犬の個別の性格にも気を付けましょう。

 

なぜなら犬の性格によって、

飼い主の高齢者との相性がよいかどうか、

決まることがあるからです。

 

 

高齢者が飼いやすい犬は

小型の犬や飼い主に忠実でしつけがしやすい犬

などが挙げられます。

 

ただし同じ犬種でも、

個々の性格によって異なります。

 

中には高齢者が手がつけられないほどの

活動的な犬もいます。

 

こうしたことから高齢者が犬を選ぶにあたり、

自分と性格が合うかどうか、

よく見極めるようにしましょう。

 

あなたは人に勧められたからと言って、

安易に犬を飼おうとしていませんか?

 

自分といっしょに暮らしても問題ないかどうか、

しっかりと判断して決めましょう。

 

他にも高齢者が孫に接するかのように

下手に犬を甘やかしすぎると、

どんな犬でもわがまま犬となってしまいます。

 

わがまま犬となって迷惑をかけないため、

犬にしつけをきちんと身につけさせることは、

忘れずに行うことです。

 

 

IMAG097501

 

以前うちではパグといっしょに

暮らしていたことがあります。

 

うちのパグは人になつきやすい性格で、

常に母や私にかまって欲しい犬した。

 

パグはかなり活発な犬種です。

その一方で頑固なところもあります。

 

母も私もパグのしつけや食事、散歩など、

苦労したことは何度もありました。

 

母はよくパグに豆腐や野菜など

人が食べる物を与えていました。

 

その結果人が食事中に

パグがおねだりをするようになりました。

 

パグは食べ物を与えられるまで

おねだりを続けていました。

 

無視されてももらえるまで待ち、

しまいには「早くくれ」と言わんばかりに

ワンと吠えるようになりました。

 

今振り返るとパグに人の食べ物を与えたのは

失敗だったなと考えるところがあります。

 

とはいえ、こうした面もまた

パグの個性ではないかと考えるようにしています。

 

なぜならパグが活発で元気が良い犬であるけど、

頑固でもあると改めてわかったからです。

 

 

こうしたことから、

パグと暮らしたいと高齢者に相談されたときは、

私ならこのようにアドバイスします。

 

パグは活動的だが頑固な犬であるので、

高齢者がきちんとついてこられるかどうか、

よく考えてから決めたほうがよいと。

 

pug07

 

高齢者が犬といっしょに暮らすにあたり、

高齢者自身が犬となかよくなれるかどうか、

ということも頭に入れておく必要があります。

 

なぜなら、高齢者と犬の仲が悪くなったら、

高齢者自身も犬も不幸になってしまうからです。

 

よって、高齢者が本当に犬となかよくできるかどうか、

よく考えてから決めるようにしましょう。

 


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e3%81%8c%e7%8a%ac%e3%82%92%e9%a3%bc%e3%81%86%e3%81%ab%e3%81%82%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%b0%97%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%a8%e3%81%93%e3%82%8d%e3%81%af/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です