高齢社会.com
高齢社会.com > ペット > 高齢者が猫といっしょ暮らすときに猫が家の中で迷子になっていませんか?

高齢者が猫といっしょ暮らすときに猫が家の中で迷子になっていませんか?

猫は一日で自分の居場所をよく変えています。

同じ場所に留まることは少ないのです。

 

さっきまで猫があの部屋にいたかと思ったら、

今はこの部屋にいるということは、

よくあることです。

 

あなたも猫といっしょに暮らしていて、

猫が家の中のどこかへ行ってしまい、

迷子になったことはありませんか?

 

特に高齢者の場合猫が迷子になったと思い、

家中を探して途方に暮れることもあります。

 

IMAG103901

 

 

猫は隠れんぼが大好きです。

猫がいなくなったと思って探したら、

家の中に隠れていたことはよくあります。

 

 

猫がよく自分の居場所として隠れる場所は、

テーブルや机の下などです。

 

地震が来たらすぐにテーブルや机の下に入るよう、

避難訓練では指示されています。

猫は本能で安全な場所へ隠れているのです。

 

 

他に猫が隠れる場所といえば、

ふすまの中です。

 

猫がふすまの中に入って、

ふとんの上で寝ていることはよくあります。

 

ふすまの中は猫にとって暗くて

安心して寝られる場所だと、

認識しているのです。

 

猫がふすまの中で寝ているときは、

無闇に起こしたりはせず、

そっと寝かしてあげましょう。

 

neko04

 

戸棚の後ろやソファーの下なども

猫にとっては絶好の隠れ場所です。

 

猫が家の中でなかなか見つからない時は、

すき間に隠れていることがよくあります。 

 

うちの猫達もそのようなすき間に

よく隠れています。

 

母が猫がいないと思って探してみたら、

猫がすき間から出てきたことは、

何度もありました。

 

 

こたつやふとんの中も、

猫が隠れる絶好の場所です。

 

猫がこたつやふとんが大好きなのは、

寒い時に暖かい場所としてだけでなく、

隠れる場所としても最適だと認識しているからです。

 

ふとんの中も同じように

猫は布団の中に入って隠れています。

 

うちの猫達もこたつやふとんの中が大好きです。

それだけでなくグレー猫はふとんのシーツや

はんてんの袖の中に隠れるのも好きです。

 

ただし、猫がふとんの中に隠れているときは、

うっかり踏まないように注意しなければなりません。

 

特に高齢者の場合はうっかり見落とし、

踏んづけて致命傷になることがないよう、

細心の注意をはらいましょう。

 

 

猫は隠れんぼだけでなく、

戸棚の上などの高いところも好きです。

 

猫が高いところにいるのは、

自分が偉いことを示すためです。

 

特に自分のことをボスと思っている猫は、

高いところにいて人間や他の猫などを見ています。

 

うちの猫達も、戸棚の上を登ることがあります。

どちらが登るのかはその時によって別々で、

それは自分がボスであること表しています。

 

猫がなかなか見つからなかったら、

上の方を探してみましょう。

 

 

猫は毎日移動して、

自分の居場所を確保します。

 

家の中で猫が迷子になったと感じたら、

外に出ない限りは家の中のどこかにいます。

 

探しても猫が見つからない時は、

猫が出てくるまで待ってみましょう。

 


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e3%81%8c%e7%8c%ab%e3%82%92%e9%a3%bc%e3%81%86%e3%81%a8%e3%81%8d%e3%81%af%e7%8c%ab%e3%81%8c%e5%ae%b6%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%a7%e8%bf%b7%e5%ad%90%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です