高齢社会.com
高齢社会.com > 健康 > 魚を食べないと認知症になってしまうかも

魚を食べないと認知症になってしまうかも

fish_maguro

 

魚は健康に一番

 

高齢になっても健康でいられるためにも、魚が好きになりたい。

最近そのように考えるようになりました。

 

とある魚の歌であるように魚は食べるとかしこくなれるというのは、魚、特に青魚に含まれているDHAなどのオメガ3が脳細胞を活発にしてくれるからです。

この効果ではオメガ3は認知症の予防にも期待できるのです。

 

高齢者の中でも魚をよく食べている人のほうが、認知症にかかりにくいとも指摘されているほどです。

 

ただしオメガ3は熱に弱くて酸化しやすいので、焼き魚にするとせっかくのオメガ3の成分もほとんど消えてしまいます。

よって生の刺し身で食べるようにすれば、オメガ3を保ったまま取ることができるようになります。

 

魚でも揚げ物にするとサラダ油などのオメガ6の油が使われ、取りすぎると糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病にかかりやすくなる恐れがあるので、高齢者にはなるべく避けるようにしたほうが無難です。

 

母は魚が好きで、魚の刺し身も好きです。

私は肉が好きで、唐揚げやコロッケなどの揚げ物が好きです。

 

以前の私は夕食に肉料理が出るときは食欲も旺盛でご飯のおかわりもしていますが、魚料理が出るときは食欲も控えめでご飯のおかわりもあまりしてはいません。

 

最近になってオメガ3の得られる効果から、健康のためにはもっと魚も食べなければならないと考えるようになりました。

今までは買い物のときは肉類の揚げ物を好んで買っていましたが、最近では魚の刺し身などを進んで買うようになっています。

 

魚にはえごま油や亜麻仁油

 

わが家では魚を食べるときは、えごま油や亜麻仁油などをかけて食べるようにしています。

えごま油も亜麻仁油もオメガ3であり、刺し身にかけて食べるとおいしく食べることができ、母も何度でも食べられると納得の味になります。

 

他にもえごま油や亜麻仁油には、同じオメガ3の青魚類の刺し身に含まれるタンパク質などとの相乗効果で脳細胞を活発にさせることもできます。

 

こうしたこともあって、母が魚を食べるときは認知症予防のためにもえごま油や亜麻仁油をかけて食べるように話しています。

青魚類の刺し身にえごま油や亜麻仁油をかけて食べることによって、オメガ3の効果で脳細胞が活発になり認知症の予防にも期待できるようになります。

 

食の西洋化より日本人の魚離れが懸念されていますが、魚は高齢者の健康に役立つことができます。

もっと魚を見直して食べる機会を増やすことで、高齢者の健康だけでなく自分自身の健康のためにもなることができます。

 

 

 

 

 

 

 


トラックバックURL

http://xn--6oq304hkcv21d.com/%e9%ad%9a%e3%82%92%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a8%e8%aa%8d%e7%9f%a5%e7%97%87%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%86%e3%81%8b%e3%82%82/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です